敏感肌さんがメイクをする前にする事

敏感肌の持ち主はメイクをする前から色々と気をつけなくてはなりません。

 

メイクする時に、「今日はお肌のコンディションが悪いかも・・・。」
そんな風に感じることが増えたら、より刺激の少ない敏感肌のスキンケアラインのアイテムに変えて、基本的なお手入れから見直してみましょう。

 

まずは敏感肌の方用の基礎化粧品を使っていますか?
もしくは自分で作成した手作り化粧水等を使っていますか?

 

基本的なお肌の状態を整える事が重要なんです。(そんな事知っていますよね)

 

 

優しく丁寧に化粧水をハンドプレス

朝起きたら低刺激な洗顔料をよく泡立てて、すすぎはぬるま湯がベスト。

洗顔後はとにかくシンプルに、化粧水→美容液→クリームの順でモイスチャーバランスを整えて肌のバリア機能を高めましょう。
デリケートな目元と口元にはクリームを重点的に使い、ファンデーション前には肌にやさしいノンケミカル処方の日焼け止めで紫外線から肌を保護することをお忘れなく。

 

もしくは日焼け止めすら使う事が出来ない方も多いかもしれません。その場合は飛ばしましょう!

 

 

保湿には気を配っているのに、メイクするとお肌がかゆくなって困るといった方も少なからずいらっしゃいます。
そんな方はファンデーションの塗り方が原因かも?

 

敏感肌の方は少しの摩擦でも刺激になりますので、リキッドだったら部分的に軽くすべらせるようにして、顔の中心から外側に向けて塗り渡らせていきます。
パウダーは軽くブラシで刷けられるので問題ないでしょう。
赤みや色ムラなどをしっかりカバーしたい方は、リキッドとパウダーの重ねづけもおすすめです。

 

 

乾燥を繰り返しがちな方は、天然油分を含んだコールドクリームを使うのもいいですよ。
天然油分が肌表面をラップして水分を閉じ込めてくれるので、乾燥状態から潤う状態に近づきます。

 

繰り返しやすいカサつきの気になる部分を重点的にラップすることによって、荒れにくいコンディションが続くようになりますよ。
もちろん、ファンデ前のカサつき予防にも効果的です。