アトピーの人は皮膚科での治療の際に、「ステロイド」などの治療薬が処方されます。
ステロイドは本来、人間の体内で生成されるホルモンの一種で、治癒能力を高めるホルモンです。

 

そこで、アトピーの治療のために化学的に作ったのが病院で処方されるステロイド薬です。
それでは、ステロイド薬とミネラルファンデーションは併用しても問題はないのでしょうか?

 

答えは、できれば、ステロイド薬で治療中は化粧をしないことです。

 

いくら肌にやさしいからと言って炎症起こしているアトピー肌にミネラルファンデーションを塗ったら、炎症を悪化させるという二次被害も避けられません。
化粧で隠したい気持ちはすごくよくわかりますが、状態が回復するのを待って、医師のアドバイスを受けながら薬の量を減らして、メイクすることをおすすめします。

 

アトピー肌に大切なのは、「保護する」という考え方です。

 

基本的にはシンプルなケアが重要です。
ミネラルファンデーションには、主成分として、酸化チタン・酸化亜鉛などの天然ミネラルが使われています。

 

天然ミネラルは、変質しにくく、肌への負担を軽減できます。
そして、天然ミネラルは、紫外線を反射・錯乱させて紫外線が肌に触れるのを防いでくれます。

 

肌は28日の周期で、徐々に変化していくものです。
肌質のデリケートなアトピーの人は、あせらず、ゆっくりと治療をしてから、ミネラルファンデーションを試してみてはいかがでしょうか。